ログイン中の女性を探す

無修正ライブは限りなくリアルセックスに近い

自力無修正でリアルセックスへの準備

こんにちは。25歳の独身サラリーマンです。

私がエロ動画を見るようになったのは中学生になったばかりの13歳の時でした。

母に買ってもらったノートPCでエロ動画を見てはオナニーという毎日を送っていました。

1年くらいで、オナニーをしている時はペニスの感覚だけではなく、あらゆる感覚が研ぎ澄まされるようになっていました。

オナニーの最中に母親が近づいてくる微かな「ミシッ…」という床の音も、研ぎ澄まされたセンサーが感知します。

ノートPCの画面を一瞬でニュース情報サイトに切り替え、身だしなみを整え、中学生特有の

「あ?うん…わかったから!」

という生意気で面倒くさそうな受け答えを母親にしてその場をやりきるのです。

当時中学生だった私にとってはオナニーをするのも大変で五感を研ぎ澄ますためのトレーニングでもありました。

また、自分のツボにハマるようなエロ動画を見つけたけれど、モザイクがかかっているという時にも、五感が研ぎ澄まされていることによるメリットがありました。

目を少し薄めて、なおかつ気合を入れて画面を見ることで、そのうちモザイクを突破して無修正化できるようになりました。

性への探究心の強さから、モザイク動画を自力で無修正動画へと変換してしまうスキルを身につけたのです。

もちろん、数ヶ月毎日数時間という鍛錬を積み重ねた結果ですが、男性器だけでなく女性器の形や濡れ具合まで見えてくるようになりました。

そのようにしてエロ動画を見続けることで、今思い返せば中学3年生の頃には童貞でありながら、セックスの感覚をほぼ正確に想像できていました。

ただ、女性とはセックスするどころか、会話するのも苦手というのが現実でした。

学校で女の子と手が触れるだけで舞い上がり、その時の感触を思い出しながらオナニーをするという状態でした。

この女性と接するのが苦手という弱点を治さなければ、リアルセックスまではまだまだ時間はかかりそうな状態でした。

無修正ライブで女性とのやりとりを学ぶ!

私は高校生になっていました。中学の3年間で毎日複数回のオナニー鍛錬を積み重ね、セックスへの準備はできていました。

 

あとは、女性との接し方を学ぶことが大きな課題として残されていたのです。

この課題を克服することを高校生活3年間の

最優先課題と位置づけ、オナニー三昧の毎日を送る決意を固くしていました。

そのために始めたのが、学校で休み時間にオナニーをした直後になに食わぬ顔をして女の子と会話するという訓練です。

他にも勃起した状態で女の子と会話したりと様々な鍛錬を積み重ね、私は高校3年生の18歳となっていました。

以前から調べて興味を持っていたライブチャットにチャレンジする時が来ました。

ライブチャットはリアルタイムなため無修正です。

それも今までのエロ動画の無修正とは異なり、リアルタイムでつながっている相手の無修正なわけですから、未知の領域です。

この無修正ライブチャットを私のセックスへの準備の最終段階と位置づけました。

その辺に落ちている無修正動画とは違い、無修正ライブチャットは有料ですから、親にお金を借りるわけにもいかず、アルバイトも始めました。

準備万端で無修正ライブに臨み失敗!

そして、ついに無修正ライブに挑戦する日がやってきました。

この日に向けて3日間のオナ禁もしてきましたので、これ以上にないくらいのコンディションです。

ガチガチに緊張した中でライブチャットにログインして女性を探します。

どの女の子も可愛らしく、こんなエロい場が似合わないだけに更にエロさが増しています。

そして私は長い時間迷ったあげく、20歳の女の子のツーショットの部屋に入りました。

緊張でガチガチの私は蚊の泣くような声で挨拶をしましたが、私のその緊張ぶりを見たからなのか女の子はケラケラという感じで笑っていました。

本当は可愛らしい女の子と談笑したのち、エロ話に花が咲き、お互いに無修正のまま見られながらオナニーをするという展開を夢見ていましたが、  

そんなこと夢のまた夢という感じでした。

「なんてハードルが高いんだ…」

「こんなことでは生身の女性とセックスなんてできっこない…」

これまでに積み上げてきた自信が崩れ去っていく音が聞こえました。

私は少しの間世間話をしたあとそそくさとライブチャットから退出しました。

無修正ライブに再チャレンジ

ライブチャットで失敗した私はかなり落ち込んでいました。

今まで誰よりも実戦を意識してオナニーをしてきたという自信をなくしかけていました。

しかし、よく考えればいきなり初対面なのにお互いが見られながらオナニーをするなんて、そう簡単ではありません。

まずは普通に話せるようになることを目標にライブチャットにとり組んでみよう、と翌日には立ち直っていました。

いくら落ち込んでいたとはいえ、エロへの探究心だけは失っていなかったようです。

失敗した翌日には再度ライブチャットで「無修正オナニー」を目指して鍛錬を積むことになりました。

まずはいきなり無修正だの言っていないで、女の子に教えてもらうくらいの低姿勢で行ってみることにしました。

この日は25歳の私からするとだいぶお姉さんな感じの女性を選びました。

25歳の小柄で色白、黒髪でその変な会社にいそうな事務員さんのようなイメージでした。

相変わらずガチガチなわたし…そりゃそうです、現実世界では女の子とまともに会話すらしたことがないのですから…

そんな様子を見て察してくれたのか、お姉さんは優しく笑顔で話しかけてくれました。

こちらも最初にこのような遊びは経験がないことと、女性との接し方が分からなくて困っていることを伝えました。   

そこからは、お姉さんが優しくリードしてくれて徐々に会話も進み始め、私からも話題を振るなど思った以上のスムーズな展開です。

お姉さんも、私のような女性に不慣れな童貞を相手にエロ話をすることなんてあまりないのか、楽しんでいる様子です。

「やっぱり男子は毎日オナニーするの?」

「オナニーする時はなにか見ながらするの?」

などと際どい質問を投げかけてきます。

こんな可愛らしくて清楚なお姉さんとこんなにもエロイ話をしているのかと思うと、既にフルボッキ状態でした。

だんだんと慣れてきた私も徐々にエンジンがかかってきました。

女性に聞きたかったけど聞けなかったことをどんどん聞いていきます。

「オナニーはするんですか?」

「フェラっていやじゃないんですか?」

お姉さんは答えてくれます。

「オナニーは電マ使ってするよ〜」

「でも男の人に舐めてもらう方が好き!」

「フェラはいやじゃないよ、好きなくらい!」

童貞の私には刺激が強すぎます。

お姉さんもだいぶエンジンがかかってきたのか、

「いまアソコ大きくなってる?」

「おっぱい見る?」

と積極的になってきました。

私はおっぱいは見たいがマンコも見たいと聞かれてないことまで答え始め暴走気味です。

気がついたら露わになったお姉さんのキレイなおっぱいを見ながらオナニーをしていました。

女性と会話しながらオナニーをするなんて今まで経験のない興奮でした。

そして、ここからさらにエスカレートして行きます。

無修正ライブの醍醐味

私が実はシコシコとオナニーをしているのに気づいていたのか、お姉さんは、

「ねえ、私のマンコみたい?」

「見せてもいいけど、あなたのも見せて!」

とイタズラ好きな女の子の笑顔で言ってきます。躊躇する私に、

「じゃあ、私の方から見せてあげるけど、そっちも見せてね」

と言うなり足をM字に広げてアソコを見せてくれました。

もたろん、リアルタイムなので無修正です。

その瞬間、ドクン!と心臓が鳴るのが聞こえました。

そこにはエロ動画で何度もまたマンコが…それも画面の向こうとはいえ今目の前で私と会話しているあのお姉さんの…

お姉さんのアソコはヘアーをキレイに整えており、すぐにでもしゃぶりつきたいくらいでした。

ささがライブチャット、無修正のリアルタイムでこんなのが見れるなんて…

思わず逝きそうになるのをこらえて、私もイク寸前のペニスをお姉さんに見せました。

お姉さんはビックリしたように、

「すご〜い!」

「若いね〜カチカチじゃん!」

「しかも大きい!」

「気持ちよさそう〜」

「恥ずかしいとか言ってないで自信持って大丈夫よ!」

と絶賛の嵐でした!

その後はお互いに見られながらのオナニーをして終わりました。

いつものオナニーとは一味も二味も違いました。

無修正ライブは童貞を鍛える

その後も無修正ライブで女性と会話をしながらオナニーを続けました。

童貞とはいえかなり鍛えられました。

19歳の時に童貞を捨てることになったのですが、もう何回もやっているかのような感覚で気後れすることなく臨むことができました。

やはり、リアルセックスの前に無修正ライブで慣れていたことがとても大きな自信となっていたようです。

今でも無修正ライブのお世話になっていますが、童貞の皆さんにも是非試してもらいたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました